OracleCloudのブートボリュームの拡張
History
#oraclecloud #linux

※Ubuntu20.04LTSにて確認しました

1. OracleCloudのWebコンソールの左上のメニュー→ストレージ→ブロックストレージ→ブートボリュームに進む

2. 変更したいブートボリュームの右のボタンを押し編集

3. ボリュームサイズを任意のサイズに変更(無料枠では全部合わせて200GBまで)

4. ブートボリュームを使用しているインスタンスにSSHログイン

5. lsblkを実行し現在のサイズを確認

$ lsblk
sda       8:0    0    47G  0 disk 
├─sda1    8:1    0  46.9G  0 part /
└─sda15   8:15   0    99M  0 part /boot/efi

6. 以下のコマンドを実行しボリュームを再スキャンする

$ sudo dd iflag=direct if=/dev/sda of=/dev/null count=1
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes copied, 0.000519334 s, 986 kB/s
 
$ echo "1" | sudo tee /sys/class/block/sda/device/rescan
1

拡張したいブートボリュームは/dev/sdaなのでsdaを指定

7. 再度lsblkを実行する

$ lsblk
sda       8:0    0   106G  0 disk 
├─sda1    8:1    0  46.9G  0 part /
└─sda15   8:15   0    99M  0 part /boot/efi

sdaのサイズが3で変更したサイズになっているが、sda1のサイズは変わっていない

8. growpartでパーティションのサイズを変更する

$ sudo growpart /dev/sda 1

再度lsblkを実行するとパーティションのサイズが大きくなっている

$ lsblk
sda       8:0    0   106G  0 disk 
├─sda1    8:1    0 105.9G  0 part /
└─sda15   8:15   0    99M  0 part /boot/efi
« PostgresqlをWAL-Gでバックアップ&リストア
Ubuntu20.04へのDockerのインストール »