Arch Linuxへのi3wmの導入で色々とハマった箇所があったのでメモ。

インストール #

yay -S i3でi3のパッケージグループをインストールする。(yay -S i3-gapsでもOK)

lightdm等を使って起動する。

設定 #

https://github.com/minetaro12/dotfiles

自分はステータスバーにpolybar、ランチャーにrofiを使いました。


設定でハマった箇所 #

通知を表示させる #

yay -S xfce4-notifydxfce4-notifydをインストール。

以下の設定で起動する。

polkitのパスワード入力画面が表示されない #

yay -S polkit-gnomepolkit-gnomeをインストール。

以下の設定で起動する。

DPIの設定 #

~/.Xresourcesに以下の記述を追加する。

Xft.dpi: 120

カーソルの変更 #

~/.iconsにカーソルテーマを展開(自分はここで探した)

~/.Xresourcesに以下の記述を追加する。

~/.config/gtk-3.0/settings.ini[Settings]にも以下の記述を追加。

picomでぼかしが効かない #

picomは以下のようにして起動する。

exec –no-startup-id picom -b –experimental-backends

exec --no-startup-id picom -b

~/.config/picom.confでは以下のように設定する。

blur-method = "dual_kawase"
backend = "glx" #これをしないと激重になる

※2022/11/17追記

v10で--experimental-backendsがデフォルトで有効になった模様

https://github.com/yshui/picom/releases/tag/v10

フローティングモードで起動させる #

mpvをフローティングモードで起動するようにする場合は以下のように設定する.

ウィンドウのクラス名はxprop | grep WM_CLASSで調べることができる。

WM_CLASS(STRING) = "pavucontrol", "Pavucontrol"のように2つ出てくる場合は、両方試してみて動く方を使う。

サイズを指定したい場合は以下の設定も追加する。

指定したワークスペースで起動させる #

discordをワークスペース3で起動させたい場合は以下のように設定する。

すべてのワークスペースでフローティングウィンドウを表示させる #

mpvで動画を再生してる時にすべてのワークスペースで表示してほしかったりするので以下のように設定する。

ウィンドウの間に隙間を作る #

i3-gapsを使っている必要があります。

gaps top 5
gaps bottom 5
gaps right 5
gaps left 5
gaps inner 5

Thunarの右クリックからAlacrittyを開けない #

編集→アクションの設定でalacritty --working-directory %fを実行するように設定する

ThunarでVimを開いときに開いときにAlacrittyが開かない #

cp /usr/share/applications/vim.desktop ~/.local/share/applications/vim.desktopでVimのデスクトップエントリをコピー。

~/.local/share/applications/vim.desktopを編集し以下のように変更する。

Exec=alacritty -e vim %F
Terminal=false